年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-8254 リフォーム業者を無料ご紹介 業者紹介依頼

スタッフ待機中

24時間365日、リフォーム業者をご紹介!

フリーダイヤル 0800-805-8254

リフォーム業者をご紹介 無料業者紹介依頼

2016-2-26

リフォームのスパンを考えておきましょう

皆さんはリフォームを考える際、何が切っ掛けになったでしょうか。ある調査によればリフォームの切っ掛けのうち、住宅機器設備などの設備面での影響でリフォームを考えた人が60パーセントにも及ぶ結果がでています。キッチンやお風呂などの水回りや、リビングや寝室などの住居スペースの使い勝手を良くするためにリフォームをする方が大半だと思います。一般的にこれらの水回りや住居スペースのリフォームなどのメンテナンス周期は10年から20年と言われています。このタイミングで古くなった住居や使い勝手が悪くなった住居をリフォームすることが多いといえるでしょう。しかしリフォームなどのメンテナンスが必要な箇所はそれだけではありません。外壁や屋根などの住居の外壁部分のメンテナンスの周期も同じく10年から20年になり、築20年の住居にとっては、殆どの箇所にメンテナンスが必要になるのです。しかし一気に住宅の全箇所をリフォームする場合は費用面で足が出てしまうケースが多いと思いますので、築年数が若いうちから徐々にメンテナンスやリフォームなどの手段で住宅のお手入れを進めていくことが重要かと思います。例えば築12年あたりで水回りのお手入れ、築15年あたりで住居スペースの工事、築20年あたりで外壁の塗り直し、このように分けてリフォームを進めていきたいですね。また中古住宅の購入時にもこのリフォームを気を付けなければいけません。築20年経った中古住宅は全ての箇所のメンテナンスやリフォームの時期が訪れていることになりますので、額面通りの購入費用で暮らせるとは限りませんので、築年数に注意して購入をするようにしましょう。当サイトではこのリフォーム業者を多数紹介することができます。長期間住宅のメンテナンスを任せることが出来る業者に出会えるかもしれません。

バックナンバー

このページのトップに戻る