年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-8254 リフォーム業者を無料ご紹介 業者紹介依頼

スタッフ待機中

24時間365日、リフォーム業者をご紹介!

フリーダイヤル 0800-805-8254

リフォーム業者をご紹介 無料業者紹介依頼

2016-5-27

リフォームを検討する判断基準

家が少し古くなってきたり、家族構成が変わったりした時に検討するのがリフォームではないでしょうか。リフォームは、住み慣れた家を壊さずに有効活用することができます。建て替える場合に比べリフォームは、工事期間が短く仮住まいをしなくて済む場合が多いので、手軽に行うことができると言えるでしょう。いまあるものを有効活用できる代わりに、間取りの自由度は限られてきます。もし柱を取り払ってリフォームを行う場合、家全体の強度を考えて、他の場所に柱を設置するなど補強をすることを考える必要があります。トイレや水道の場所を移動する場合は、水道管や排水管を移動する必要があり、大規模な工事になってくるでしょう。しかし建て替える場合には、基礎などの土台から作り変えるので、廃材処理の費用や解体工事費などがかかってきます。築年数で一概に建て替えが良いか、リフォームが良いかは判断することはできません。建物の使いやすさや、建物の構造がどの程度傷んでいるかで判断が変わってきます。家の基礎にゆがみが発生していたり、シロアリの被害が広がっている場合には建て替えを検討するのが良いでしょう。どちらの工事を選択するのが良いのかは、ご家族と相談し住み安い住宅を作るのが良いでしょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る