年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-8254 リフォーム業者を無料ご紹介 業者紹介依頼

スタッフ待機中

24時間365日、リフォーム業者をご紹介!

フリーダイヤル 0800-805-8254

リフォーム業者をご紹介 無料業者紹介依頼

2016-10-25

間取りを変更するときの注意点

毎日を過ごす「我が家」だからこそ、快適な空間であって欲しいものです。日々の暮らしの中で、「この壁をなくして広くしたい」「キッチンの場所を向かい側にしたい」など、間取りに不満を覚える人も少なくないと思います。暮らし始めた当初は気にならなくても、何年も暮らすうちに、生活スタイルに合わない部分が出てきて、リフォームを検討していてもおかしくありません。
しかし、間取り変更のリフォームはプランによって掛かる費用が大きく変わってきます。特に費用が掛かりやすい工事の1つに間仕切り壁の撤去が挙げられます。ダイニングとリビングの間にある間仕切り壁を撤去し、LDKを広いワンルームにしたいというのが主な要望ですが、この間仕切り壁はほとんどの場合構造上で重要な耐力壁になっていて、この耐力壁を移動するためには構造計算や補強工事が必要になり、その分費用がかかってしまいます。工法によっては比較的壁の移動がしやすい場合もありますが、柱の移動、梁の架け替え、新しい柱と耐力壁の設置、天井や床の解体・補修、基礎打ちなど様々な工事が必要になります。
しかし、構造上どうしても移動や撤去が難しいという場合もあります。そういったときは、逆その壁を活かしたリフォームを考えるのもいいかもしれません。例えば、収納を取り付けスッキリさせる方法や、工法によっては内部の構造体を露出させ小窓を取り付けるなどちょっとしたアクセントにもなります。
当サイトを利用していただければ、ご希望のプランに合わせた業者を紹介させていただきますので一度ご相談ください。

バックナンバー

このページのトップに戻る