年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-8254 リフォーム業者を無料ご紹介 業者紹介依頼

スタッフ待機中

24時間365日、リフォーム業者をご紹介!

フリーダイヤル 0800-805-8254

リフォーム業者をご紹介 無料業者紹介依頼

2017-3-24

補助金制度を利用する際の注意点

国や各自治体では、リフォームの際に補助金制度を利用できるということをご存知でしょうか。例えば耐震リフォームやバリアフリーリフォームなど、それを推進するという情勢から、リフォームを促すために補助金制度を設けているのです。それを利用することによってお得にリフォームができるのですが、その精度の利用には注意点も存在します。

・予算が限られている
お得な補助金制度ですが、その予算には限りがあります。そのため、たとえ申請期間中だったとしても、申請が数多く予算がなくなってしまった場合には、その年の補助金制度は打ち切られてしまいます。

・業者の向き・不向き
補助金の支給にはいくつもの要件が定められているうえに、申請のためには幾つもの書類を準備しなければいけません。基本的にはリフォーム業者に任せる事になりますが、業者によっては不慣れで補助金が申請できなかったという結末を迎えることもあるのです。そのような事が無いように、事前に補助金制度の利用についてご相談されたほうがよろしいでしょう。

・業者との関係の悪化
前述のように手間がかかる補助金申請だけに、業者に負担をかけることになってしまいます。場合によっては着工が大幅に遅れたり、リフォームの幅も狭まったりする事があります。そうして思い通りのリフォームが出来なければ本末転倒になってしまいます。

補助金制度は確かに便利ですが、万能ではありません。本当に制度を利用するのか否か、事前に担当スタッフとよくご相談されたほうが良いでしょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る